【知らなきゃ危険】マフラーに潜むダニの対策方法。洗い方や自宅でできる楽々ケアを徹底解説

この記事でお伝えすること
  1. マフラーにダニが繁殖する原因
  2. マフラーを綺麗に保つ洗濯方法
  3. 衣替えのときに行うべきダニ対策

冬の寒い時期には、首をしっかり温めてくれるマフラーは手放せないアイテムですね。

ワンシーズン使うと、汗やメイクなどの汚れが付いてしまいます。

でも、マフラーにダニが潜んでいたら怖いですよね。

「私のマフラーにもダニがいるなんて…」

「綺麗を使うにはどうお手入れしたらいいの?」

…と不安になる人も多いのではないでしょうか?

ダニ捕り息子

マフラーにもダニが繁殖するって本当?

ダニ捕りの母

手入れを怠ると繁殖するかもしれないわ。

でも、マフラーにダニを寄せ付けないカンタンな方法があるのよ。

この記事では、

マフラーのダニ対策と綺麗に保つ洗い方についてお伝えしていきます。

この記事を読めば、いつまでもマフラーを綺麗な状態で使えるようになりますよ!

マフラーのお手入れ方法や正しい保管方法を知りたい人はぜひ読み進めてくださいね。

【衝撃の事実】マフラーにはダニが潜んでいる可能性が高い

ダニ捕り息子

去年使っていたマフラーを巻いたら、なんだか首がかゆいよ~

ダニ捕りの母

それは大変!

もしかして、マフラーにダニがついているかもしれないわ!

布団にダニが繁殖しやすいと言われますが、実はマフラーにもダニが発生しやすいのです。

マフラーにダニが繁殖する理由を解説していきます。

マフラーに潜むダニは肉眼では見えない

ダニ捕り息子

マフラーをよく見たけれど、本当にダニがいるのかな?

ダニ捕りの母

ダニの種類によって、目で見えるものと見えないものがあるのよ。

家の中に住みつくダニには色々な種類があり、ほとんど肉眼では見えません。

顕微鏡レベルで見て、やっと確認できるほどの大きさだからです。

ダニの種類と大きさ

ヒヨウダニ:0.2~0.5mm

コナダニ :0.3~0.5mm

ツメダニ :0.3~1mm

イエダニ :0.7~1mm

保管状態で、久しぶりに使用するマフラーにダニがついている可能性は高いです。

目で見えないからと言って油断していると、ダニに刺されてしまうことがあります。

【意外】ダニって見えるの?家に潜むダニの数を知る方法!【意外】ダニって見えるの?家に潜むダニの数を知る方法!

マフラーにはハウスダストも付着している

ハウスダストは家に漂うホコリの総称ですが、ほとんどが1mm以下で肉眼では見えません。

具体的には、衣類などの糸くずや綿ボコリ、ダニの死骸やフン、カビ、花粉、細菌などです。

ハウスダストは家の中のあらゆるところに存在するので、部屋に置いてあるマフラーにも付着している可能性があります。

ダニ捕りの母

ハウスダストのアレルギー源は、主にダニと言われているのよ。

マフラーを洗濯してもダニは死滅しない

ダニ捕り息子

マフラーを洗ったらダニは退治できるかな?

ダニ捕りの母

ダニは洗濯しただけでは落とせないから厄介なのよ!

ダニは繊維の奥に潜んでいるため、洗濯機しても除去することはできません。

ダニは50℃以上の熱を加えると死滅します。

しかし、マフラーの素材によっては縮んでしまうため、あまり熱を加えない方がいいのです。

ダニは冬でも生息している

ダニ捕り息子

冬は気温が低くなるから、ダニは発生しないよね!?

ダニ捕りの母

確かに冬は寒くなるからダニは繁殖しないと思われがちだけど、そんなことはないのよ。

以下の3つの条件が揃うと、ダニは季節に関係なく繁殖します。

ダニが繁殖しやすい3つの条件
  1. 60%~80%の湿度
  2. 20℃~30℃の気温
  3. 人間のフケや垢、食べカス等のエサが豊富

冬の室内は暖房器具や加湿器を使用することで、湿度や気温が高くなります。

また、冬は肌が乾燥しやすくなるので、気づかないうちに皮フや角質が剥がれ落ちます。

こうして冬でもダニが住みやすい条件が整うと、生息しつづけるのです。

【油断大敵!】冬でもダニは発生する「寒さに強い虫」って本当?繁殖を防ぐ対策法!【油断大敵!】冬でもダニは発生する「寒さに強い虫」って本当?繁殖を防ぐ対策法!

自宅でマフラーを綺麗に保つための洗い方5選

ダニ捕り息子

お気に入りのマフラーだから、次の冬も綺麗に使いたい!

そのためには、どうやってお手入れしたらいいのかな?

ダニ捕りの母

素材によってマフラーを洗う方法が違うのよ。

マフラーの正しい洗濯方法と綺麗に保つための収納方法を詳しく説明するわね。

自宅でマフラーを綺麗に保つ5つの方法は、以下のとおりです。

自宅でマフラーを綺麗に保つ5つの洗い方
  1. ウールのマフラーの手洗い方法
  2. アクリルのマフラーを洗濯する方法
  3. マフラーは日陰で平干し・M字干しをして乾かす
  4. 日頃からできるマフラーの簡単ケア方法
  5. 綺麗にマフラーを保管するためには収納方法も大切

それでは、順番に見ていきましょう。

1.ウールのマフラーの手洗い方法

ウールは暖かくて丈夫な羊の毛です。

天然繊維のため、洗濯機の水圧が原因で縮みや型崩れ、ごわつくこともあります。

洗濯機で洗うと、もともとのふんわり感が失われかねません。

デリケートな素材なので手洗いをしましょう。

ダニ捕りの母

手洗いといっても、難しくはないので手順を追って説明するわね!
STEP.1
ぬるま湯に洗剤を溶かす
洗面器または栓をした洗面台に、マフラーが浸るくらいのぬるま湯と適量のおしゃれ着用洗剤を入れてよく混ぜる。

STEP.2
畳んで漬け置きをする
洗面器に汚れが目立つ面を外側にして畳み、15分~30分ぐらい放置する。
STEP.3
押し洗いをする
20回~30回ぐらい両手で優しく押したり、持ち上げたりして、まんべんなく洗う。
STEP.4
丁寧にすすぐ
濁りがなくなるまで水を替えながら、丁寧にすすぐ。
STEP.5
柔軟剤に漬ける
洗面器に柔軟剤を入れて、約3分間漬ける。

STEP.5
洗濯機で脱水もしくはタオルドライする
洗濯機で約30秒脱水するか、バスタオルに包んでタオルドライする。

2.アクリルのマフラーを洗濯する方法

アクリルは化学繊維なので、アクリル素材のマフラーはたいてい洗濯機で洗えます。

ただし、以下の点を注意してください。

洗濯機で洗う際の注意点
  • 必ず洗濯ネットに入れる
  • 中性のおしゃれ着用洗剤を使う
  • 洗濯コースは、おしゃれ着コースまたはドライコースを選び、弱い水流で洗う

ダニ捕りの母

仕上げに柔軟剤を入れると、静電気を防いでふんわり感が保てるわよ!

3.マフラーは日陰で平干し・M字干しをして乾かす

ダニ捕り息子

マフラーはどうやって干したらいいかな?

ダニ捕りの母

適当に干すと型崩れをしてしまうのよ。

正しい干し方を教えるわね。

マフラーの正しい干し方は、以下のとおりです。

マフラーの正しい干し方
  1. 脱水が終わったマフラーを取り出し、軽くたたいてシワを伸ばす
  2. 縦横の伸び縮みがあれば、全体的に形を整える
  3. フリンジ部分が絡まっている場合は手でほどいてから、陰干しをする

マフラーを平らに置けるスペースがあれば、平干しをおすすめします。

十分なスペースがなければ、ハンガー2本を使ってM字型になるようマフラーを載せ、重さが偏らないように干しましょう。

4.日頃からできるマフラーの簡単ケア方法

冬場に毎日マフラーを使っていると、シワができたりホコリが付いてしまいます。

マフラーを綺麗に保つためには、日頃のお手入れが大切です。

日頃からできるマフラーのお手入れ方法
  1. マフラーにスチームアイロンをかける
  2. 豚毛や馬毛などの柔らかいブラシで、ブラッシングをする

スチームアイロンをかけるときは、アイロン自体を直接当てずに蒸気だけを当てるようにしましょう。

また、ブラッシングする場合は、ブラシをマフラーに対して垂直に当てて真っすぐ下ろします。

ブラッシングをした後は、ハンガーに掛けて風通しのよい場所に陰干しておきましょう。

5.綺麗にマフラーを保管するためには収納方法も大切

来シーズンもマフラーを綺麗に使うためには、収納方法も大切です。

マフラーを畳んで保管すると、畳んだときのシワがついてしまいます。

ダニ捕り息子

マフラーはどうやって収納すればいいの?

ダニ捕りの母

マフラーをくるくると軽く巻いて収納すれば、ふんわりした風合いを保つことができるのよ!

また忘れてはいけないのは、収納する際にダニ対策をしておくことが重要です。

ダニ対策をしないで保管すると、久しぶりに使うマフラーにダニが繁殖していたということにもなりかねません。

衣替えと一緒に行うダニ対策は「ダニ捕りロボ」に任せれば安心

ダニ捕り息子

マフラーを収納するときに、どんなダニ対策をすればいいのかな?

ダニ捕りの母

それなら、「ダニ捕りロボ」がおすすめよ!

衣替えのときに「ダニ捕りロボ」を置くだけでダニ対策は万全です。

その理由は、以下のとおりです。

ダニ対策に「ダニ捕りロボ」を置けば安心な理由
  1. 衣替えはダニ対策を行う絶好のタイミング
  2. ダニ捕りロボなら収納スペースに置いておくだけでいい
  3. 人を刺すツメダニが捕獲できる
  4. ダニ退治率100%で特許を取得して効果が証明されている

1つずつ見ていきましょう。

【2020年度版】ダニ退治におすすめな最強グッズ!【ダニ捕りロボ】【2020年度版】ダニ退治におすすめな最強グッズ!【ダニ捕りロボ】

衣替えはダニ対策を行う絶好のタイミング

寒さが和らぎ春に移り変わる頃は、冬物の衣類を片付ける衣替えの時期です。

この時期に、ダニが増える夏へ向けて対策をしないとダニが繁殖する恐れがあります。

ダニ捕り息子

「ダニ捕りロボ」はどうやって使えばいいの?

ダニ捕りの母

とても簡単だから使い方を説明するわね。
「ダニ捕りロボ」の使い方
  1. 「ダニ捕りロボ」ケースの中に、誘因シートを入れる
  2. ダニが繁殖しやすい場所に設置する
  3. 3ヶ月後に、誘因シートを取り出して燃えるゴミに捨てる
  4. 新しい誘因シートを「ダニ捕りロボ」ケースに入れて設置する

ダニ捕りの母

「ダニ捕りロボ」を設置して、3ヵ月後にシートを捨てるだけでダニ退治ができるから楽ちん!

ダニ捕りロボなら収納スペースに置いておくだけでいい

ダニ捕り息子

「ダニ捕りロボ」をどこに置いたらいいかな?

ダニ捕りの母

衣類と衣類の間や下、タンスの底に置いてね!

1個置いとくだけで安心よ

ダニが繁殖しやすいタンスやクローゼットのなかに、マフラーと一緒に「ダニ捕りロボ」を置くことが効果的です。

「ダニ捕りロボ」は収納スペースに置くだけで、ダニを死滅させ繁殖を防いてくれるからです。

衣替えのときに衣類をタンスやクローゼットに一旦仕舞うと、開け閉めをして換気することがほとんどないのでダニの温床になります。

「ダニ捕りロボ」があれば、ダニの発生を心配せずにいられます。

人を刺すツメダニが捕獲できる

「ダニ捕りロボ」は、人を刺すツメダニも捕獲できることが大きな特徴です。

ほとんどのダニ捕りシートはアレルギーの原因となるチリダニやコナダニに有効ですが、人を刺すタイプのダニには効果がありません。

「ダニ捕りロボ」は家の中に発生するあらゆるダニを捕獲してくれるので、アレルギー対策とダニ刺され対策が両方できて安心です。

ダニ捕りの母

マフラーなど衣類は直接肌に触れるものだから、「ダニ捕りロボ」があればダニに刺される心配をしなくていいの。

ダニ退治率100%で特許を取得して効果が証明されている

ダニ捕り息子

「ダニ捕りロボ」はダニ退治率100%と言われているけれど、どうしてなの?

ダニ捕りの母

ダニ対策には、天日干しやこまめに掃除機をかける、ダニスプレーなどがあるけれど、どれも完全にダニを退治はできないのよ。

「ダニ捕りロボ」が完全退治ができる理由を説明するわね。

「ダニ捕りロボ」のダニ退治の仕組みを解説します。

STEP.1
誘因シートでダニを集める
ダニが好む誘引剤で、ダニをおびき寄せて誘因シートに集める

STEP.2
捕獲したダニを乾燥させる
ダニは80%が水分でできているため、誘引剤に含まれる吸湿性セラミックでダニの水分を奪い死滅させる

STEP.3
誘因シートにダニの死骸を閉じ込める
「ダニ捕獲ロボ」に閉じ込められたダニの死骸は、誘因シートを取り出し燃えるゴミとして捨てる

「ダニを乾燥させる」ことに注目して開発されたのが、誘引剤で集めて乾燥から死滅までする「ダニ捕りロボ」です。

「ダニ捕りロボ」で使用される「乾燥手法」は日米で特許を取得しており、ダニ退治100%の効果が証明されています。

マフラーを綺麗に保管するために部屋のダニ対策も行う必要がある

ダニ捕り息子

マフラーを洗ってそのままタンスに仕舞っておくだけじゃダメなんだね!

ダニ捕りの母

そうね、衣替えでマフラーを仕舞う前にしておくべきことがいくつかあったわね!

マフラーを綺麗に保管するためのポイントをおさらいしておきましょう。

マフラーを
マフラーを綺麗に保管するためのポイント
  1. マフラーについた汚れやほこりなどを、素材別に正しい方法で洗って落とす
  2. マフラーは陰干しまたはタオルドライして乾燥させる
  3. マフラーをくるくると軽く巻いて収納する
  4. 収納するときはダニ対策をする

ダニ捕り息子

マフラーを綺麗に洗うだけでは不十分だね!

ダニ捕りの母

その通り!

収納するときにダニ対策をしておかないと、せっかく綺麗に洗ったマフラーが台無しになるからね。

冬でもダニは生息するので、衣替えをするときにタンスやクローゼットにもダニ対策をして正しく保管することが大切です。

収納場所にも「ダニ捕りロボ」を置いておけば、年間を通してダニの心配をすることなく過ごせますよ。